万年青



万年青(おもと)の株分けについて


鉢から抜いたあと、水を含んでやわらかくなった根や茶色くスカスカになった根をピンセットなどで丁寧に取り除き、硬めの筆で水を流しながら優しく洗います。

子から根が伸びているのか、親から根が伸びているのかを確認します。


どの位置からランセットを入れるのか決めます


ランセットの進行方向に手を置かないように気を付けて下さい


左手におもとを持ち、右手にランセットを短く持って、刃の先端だけを使います。

ランセットをだけを動かして切ろうとすると、危険です。

刃の先端が、芋に少し切り目が入ったら、左手に持った万年青のほうを動すと、右手に持ったランセットは、あまり動かそうとしないでも、少しずつ切り目が入っていきます



株分けした切り口には炭の粉を水で練ったものを塗るか、ベンレートなどの殺菌剤を水で練ったものを塗って植えこみます

植替え後はたっぷりと水を与え、根着くまでの間(1週間~2週間)は強風や強い日差しにさらされないようにして下さい。

新しい石は水を保ちにくいので植替え後は早めの潅水を。

株分け後、新しく傷が出来たので1ケ月位肥料を与えないようにして下さい